05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.06.10 (Fri)

今後の治療

昨日診察日で、今後の治療方針とか話してきました。
まず今回のしこりは新たに出来たがんではなく、局所再発で出来たしこりだったことが判明。
先生から提示された治療は
①無治療 (経過観察のみで薬なし)
②今までと同じ薬を継続(タスオミン)
③違うタイプのホルモン治療薬(ゾラデックス+アリミデックス)

まず①は体の負担や金銭的にも負担はないけれど、精神的負担が大きい。このまま無治療で転移とかしないんだろうか?っていう不安。もちろん補助治療をやったからと言って、今回のように再発する事もあるし、転移することもある。けれど術後に補助治療やるのが標準治療になってる今の医療でこの選択はあまりに勇気がいる。
先生はリンパに転移があれば治療を強く押したけれど、無かったので無治療でもいいんじゃないか?って見解。

②は理論的には、私の乳がんにはよく効く治療なんだけど、治療中に再発したので、この薬に対して耐性が出来てる可能性が高い。薬が効かくなったから再発したんじゃないの!?って思うんで気が進まない。先生もこれに対しては積極的じゃない感じ。

③は自分なりに調べてこれかな?って思ってた治療。
通常閉経前に使えるホルモン剤は今までやってきた治療だけなんだけれど、第二選択として、閉経後に使う薬も有効なんじゃないか?って見解。
人工的に閉経状態にするために薬で生理をとめ(ゾラ)、通常閉経後に使う薬を服用(アリミデックス)。先生も治療するならこれでって感じ。

あとは気になってた抗がん剤はどうなんだろう?って質問をしたら、私の乳がんにはあまりその治療は有効的じゃなく、効いたとしても5%未満ぐらいだそう。抗がん剤は副作用が強いんで、そのリスクを背負ってまでもやらなくてもいいんじゃないか?っていうニュアンス。
今は基本、患者に選択肢があるんで先生も強くやらなくていい!とは言えないみたい。5%でも本人がやりたいって思えば、それは否定できないもんね。
それと黄体ホルモン(ヒスロン)はどうなんだろう?って思ったら、これは転移したがんに効くみたいで補助療法では使われない、副作用がほかのホルモン治療より強いらしい。なのでなしの方向で。

術後、ずっと今後の治療が気になっててネットで調べたりしてたんだけど、また新たに乳がんが出来たパターンも考えて調べたら、思ってた以上に情報量が少ない(ノД`)かなりレアなケースなんで仕方ないんだろうけど、余計悩んじゃいました。抗がん剤やるなら、体力や食欲もなくなるみたい(もちろん個人差はある)なんで、仕事も難しいかな?とか。そうなると金銭的にもかなり厳しい。治療費高いからね。あとは脱毛の事とか。ウィッグをネットで調べたり。でも医療用ウィッグってこれまた高いんだ(ノД`)あまりにも安いの買ってバレバレでも嫌だし…とか思ったり。

その点、ホルモン治療は副作用が少ない。
もちろん閉経状態になるんで、更年期障害的な副作用はある。ホットフラッシュ(ほてり)や、肌の老化、食欲増加で体重up(ノД`)、関節痛など。治療費だって月2、3万はかかるんで、私にとってはかなりの痛手(ノД`)
でも先生も一番気にしてくれたのは、閉経状態になるんで、妊娠が出来ないこと(はっきりとは言わなかったけど)
最初の乳がんから5年でやっと治療が終わり、妊娠してもいい状態になったのに、また治療を再開するのを気にしてくれているんだろう。
これは私自身ずっと心のどこかにあったこと。
相方には、今回のしこりがわかった時点で、また治療になれば妊娠できないし、治療が2年なのか5年なのかわからない、もし5年だったら私は40過ぎてるし、薬が抜けるまでの時間もかかるし、妊娠は難しいと思う、と説明した。
もちろん今は高齢出産も増えて、40過ぎて初産の人も増えてるのわかってるんだけどね、一度結婚してすぐ妊娠したけどお腹の中で育たなかった経験もあるから、余計慎重になっちゃう。子宮頸がんのこともあるしね。
相方は「覚悟してたし、子供できなくてもいいよ」て言ってくれた。
相方に対して申し訳ない気持ちも大きかったので、この言葉はありがいです(ノД`)
でも自分の中で悶々としてるのはきっと自分自身消化しきれてないんだろうな。
いざ子供産んでもいいよって状況になるって時は、できれば嬉しいけど、できなくてもそれはそれでいっかな~なんて思ってた。
でもできない状況に追い込まれると、わがままなものでほしくなる(^_^;

治療法は考えて答え出してって先生に言われたけど、
自分の中ではもう決まってる。
③のホルモン治療。
第一に体のこと考えるとやっぱり治療はしたい。
子供の事とか悩むところはあるけれど、まずは私が元気にならなくちゃね。
治療やってる途中でどうしてもほしくなったら、治療をやめて妊娠にチャレンジしてもいい。実際そうやって子供を生んだ仲間もいる。
今は治療に専念します!

これ書く前はほんと子供のこと悶々としてたんだけど、書いてくうちにスッキリというか、自分の気持ち整理出来てきた。
長々と読んでくれてありがとう(・∀・)
また愚痴ったりすることもあるかもしれませんが、お許しを~。

EDIT  |  17:48  |  乳がん  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

ひとみさん
いよいよ治療方針の決定ですね。
将来を考えて自分で選択肢を選ぶとなると迷ってしまいますね。
(私のときは選択肢なしで抗がん剤だっのである意味楽でした)
私もひとみさんにはしっかり不安の少ない状態で居て欲しいです。
くまくまさんやkachuaさんみたいに、治療を終えて出産してらっしゃる方もいますし(kachuaさんはしかも40代でのご出産だったような)、そのときの状況で治療を選んでいくのもアリだと思います。
閉経で肌は老化しちゃいますけど(私の老化具合は悲惨....)かわいらしい瞳さんなら大丈夫~^^
地に足つけて、また元気になっていきましょう!!
まみ |  2011.06.16(Thu) 14:35 |  URL |  【コメント編集】

まみさん、いつもありがとうございます(・∀・)
そうなんですよね、実際周りで出産経験がある方いてるんで、心強いです!!
後悔しないように、その都度治療考えていこうと思います!

そおそお!肌ね、老化しちゃいますよね(ノД`)
かなり乾燥したの覚えてます!
この季節日焼けは大敵ですね。
まみさんもめっちゃかわいいから、大丈夫ですよ☆
瞳 |  2011.06.21(Tue) 17:34 |  URL |  【コメント編集】

お久しぶりです。

瞳ちゃん、ご無沙汰してます。

記事を読んでびっくりしました。。
元気にしてると思ってたので。
気持ち的にもしんどかったね。

私の病友さんにも、治療を早めに切りあげて、妊娠された方が二人います!
(お一人の方はリンパに転移されてて、ケモも経験されました)
「願いは必ず叶う」ですよ!諦めないでね。

まずは今の悪いやつをもう出てこれないようにおとなしくさせましょう!


ふうまま |  2011.07.02(Sat) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

ふうままさん、お久しぶりです(´∀`*)
携帯からブログ読んだりしてましたが、コメントしなくてすみませんm(._.)m

私も5年で一区切りだし、ブログもどうしよっかな~なんて、呑気に思ってました(^_^;)
腫瘍マーカー上昇というまた一つ不安が増えましたが、なっちゃったもんは仕方ないんで、前向いてがんばろうと思います!

みなさんの応援、お仲間の体験談、とっても心強いです!ありがとうございます(^_^)
瞳 |  2011.07.08(Fri) 19:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。