07月≪ 2007年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.07 (Tue)

2005年10月術後2週間ほど

術後二週間以上たったある日。
趣味の一つでもある半身浴をしながらの読書を堪能していた。
湯船から上がって体を洗ってると出血してるのがわかる。
最初はそんなに気にしてなくて
出血治まってきたけどまだ多少あるしそれでだろ~。
なんて。


しばらくしてるとドドドドッと血の塊が出た。
それも生理の時みたいなレバーな感じの濃い色じゃなく
鮮明な色で量が半端ない。。。
焦ったものの頭はまだシャンプーついたまんまだし
とりあえず洗い流さないと!!
と洗ってる間にももちろん流血してるし塊は出るしで…



なんとかお風呂から出て熟睡ガードをつけるもほんの10分もしないうにいっぱいになる。
その頃(今も!?)夜型のあたしは夜中(2時頃)にお風呂に入っていたため
とりあえず病院に電話して病院に行く段取りつけようとしたら
電話に出た看護師?が婦人科に詳しくないのか
「リープ!?手術!?
お腹は痛くないの!?
妊娠はしてないのね!?」
となんだか見当違いのことばっかり言ってくるし
声があきらかにだるそう。
家から車で30分ぐらいかかる距離にあるため救急車を出してもらえないか頼んだ時も
「車は!?家族の人は!?」
となんだか怒り口調。
あたしはペーパードライバーで車が運転できないし
母親も免許持ってないし、父親は高3の時に他界している。
食い下がるのも面倒くさくて自力で行くことを伝えて電話を切った。

相方に電話したらつれて行ってくれるとゆうので迎えにきてもらう。
道中ももちろん止まる事なく出てるし塊はドドドッだし
なんだかう○こもらしてるみたいな感覚でこんな時なのに相方に「う○こもらしてるみたい!」
て言って笑ってたな(*´∀`)
病院に着くころにはジーパンを通過して車のシートに載せたタオルに血がついてた。
迎えにきた看護師さんがあまりの流血ぶりにビックリしてたな。
電話の人かどうかはわからないけど皆もっと知識を身につけるべきだと思った。


内診台に上がって子宮内を縫うことに。この糸は自然に溶けてなくなるそうだ。
もちろん体には害がないらしい。
縫ってもらってる間に血の気が引いていくのがわかる。
体の感覚がおかしい。体の中が冷えていく感じ?
看護師さん慌てて血圧計ってたな。
先生は落ちついてたけど。患者を不安にさせないためかな?
処置終わってもあたしの顔が真っ青だったらしく相方はすごい心配してた。
あたしもあれは今でも軽くトラウマ。怖かったなぁ。

クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  01:32  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.07 (Tue)

2005年10月LEEP手術結果

一週間後、病理結果を聞きに行く。


結果は0期。


手術前は高度異型性だろうと言われていたけど
結果はもう癌になっていました。
この時はもう覚悟みたなものがあったからショックとかではなかったな。
このまま経過観察を続けていくらしい。

クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:42  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。