07月≪ 2007年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.29 (Wed)

リレーフォーライフ(RFL)

まだまだご存知の方少ないと思いますが、リレーフォーライフとゆうイベントがあるんです。以下mixiのコミュニティから抜粋させてもらいました。


リレー・フォー・ライフ
(=Relay For Life 「命のリレー」)って?
リレー・フォー・ライフは、1人の医師が がん患者を応援するために、24時間トラックを走り続けたことから始まりました。そしてその医師に対して寄付を寄せ応援する人たちが集まり、それが参加者のがんと闘う連帯感を育み、このイベントを発展させてきたのです。

こうして始まった「リレー・フォー・ライフ」は、たんなるチャリティ・イベントとしてではなく、地域社会全体でがんと闘うための連帯感を育む場として、現在では全米4,000 ヶ所以上海外20 数カ国で開催されています。

* 日本では2006 年9月2日に
茨城県つくば市で初開催!
参加者は約1,000 人に!
社会全体でがんと闘うことを目指しリレーをつないで下さる方であれば、参加資格や年齢制限などは一切ありません!
みなさんの一歩一歩が、がん患者支援につながります。
ぜひ、「リレー・フォー・ライフ」のラン&ウォークにご参加下さい!


日 時:2007年9月15日(土)13時~16日(日・祝)13時
場 所:芦屋市総合公園
主 催:財団法人日本対がん協会
共 催:リレー・フォー・ライフ関西実行委員会
    http://rfl-jp.net/hp/ashiya/2007/   
後 援:芦屋市、兵庫県、厚生労働省(予定)
特別協力:アメリカ対がん協会

詳しくはHP見てくださいね。
あたしも子宮の手術さえなければ参加しようと思っています。
このイベントの目的は寄付を集めるとゆう為だけではなく、
ガンサバイバー達が元気に歩く姿を見てがんを患っていてもこんなに元気なんだ!と思ってもらい、まだまだ多くの人が持ってるがんへの偏見をなくすため。そしてご自身や家族ががんになった経験から早期発見を促すため。だとあたしは思っています。


あたし自身病気がわかった時はがん=死ってゆうイメージだったし、
乳がんがわかった時は仲いい友達にもメールでしか言えず、電話はこっちからするまでは待って。って言ってました。喋る気力がなかったんです。
人に「がんになってしまった」って言うのってすごくエネルギーがいるんですよね。相手が心配してくれてるのもわかるし、嬉しくもあるんだけど特にそんなに親しくない人に言うと、一瞬空気が張りつめたり、腫れ物に触るような感じがすごくしんどくて、あたしやっぱり重病人なんだ。。。って思い知らされる感じがして。
もちろん心配しながらも普段と変わらず接してくれる友達も多かったんですけどね(^ω^)


でも最近あたしが病気になったことで何か出来ることはないかな?って思えるようになってきて。
みんながんって他人事みたいなところがどうしてもあると思うんです。例えばあたしも毎日ニュースで人が殺された事聞いていてもどこか自分には降りかかってこないと思ってるようなところ。がんもそんな感じだと思うんですよね。でも実際はいつ誰に振りかってもおかしくない。それを少しでも伝えたいなと思うようになったんです。がんを二つも患っていながらもこんなに元気なんですよ!って世間にアピールしたくなったんです(笑)年もまだ32才なんで若い人にも少しでもアピールできたらいいなと。
その第一歩がこのRFLです。参加できるかまだハッキリわかりませんがぜひ参加したいと思っています。


一人でも多くの人に「がんって治る病気なんだ。その為には早期発見が大事なんだ」ってわかってもらえるように。


クリックお願いします





スポンサーサイト

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  20:06  |  乳がん&子宮頚がん  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.08.27 (Mon)

婦人科 検診

今日は細胞診してきました。
一週間後の結果で、このまま様子診るのか、円錐切除するのか、子宮取ってしまうのか決まるみたい。最小限で済むことを祈ってるしかないね!


それにしても30過ぎると疲れがなかなかとれません(笑)


FC2 Blog Rankingクリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  23:31  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2007.08.27 (Mon)

ラルク野外ライブ

メインのラルクライブはと言うと8年ぶりの野外ライブなんだけど、その8年前のグラクロがすっっっごくよかったの。
夕焼けと共に聴く歌は同じ歌でも違って聴こえるし、心地よい風に吹かれながらのライブは本当に最高!!ヾ(*´∀`*)ノラルクで初めて行ったのがグラクロだしね!ほんとは体調あまり良くないし富士急諦めるつもりだったんだけど、なんとか出血も止まったし相方の許可も出たんで急遽参戦することにしました!


いや~。今回もやっぱりよかった!!!!!
あの開放感はほんといい!!心地いいんだよなー!!
hydeもすごく表情が柔らかくて、気持ちよさそうだった。
他のメンバーも横幅かなりあるのに演奏しながら端から端まで走ってくれたり、普段動けないユッキーもPUNKの時にベースやりながら動いてくれたり(^ω^)40才前とは思えないほどのがんばりっぷり(笑)

歌はどれもよかったんだけど、少し夕暮れがっかた時に聴くMY HEART DRAWS DREAMと瞳の住人がすっごくよかった~。
MY HEARTで「夢を描くよ」ってフレーズがあってそれを会場のみんなが歌ったときに一気に感動がブワッ!てきた。この歌のPVに大空を鳥が飛んで行くんだけど空を見上げながら聴くとほんと歌にマッチしてたな~。
瞳の住人もほとんど空を見ながら聴いてたぁ。
だからhydeが涙ぐんでたっていうのを後で聞いたんだけど全然しりませんでした(笑)

会場の後ろに森林があるんだけどMCでhydeが「あれ見てると何て言うか……”生きてる”…うん、生きてるって思うんだ」って言ってて会場内はクスクス笑い声がしたんだけどあたしは、それわかる!!って。言葉にするのはすごく難しいけどその感覚すごくわかるな~って一人感動してました。
それとはまた別に病気してからライブでしっとりした曲聴くとよく泣けてくるんだよね~。なんかライブに来てると”生きてる!”って実感沸く感じがする。でこのまま元気に生き続けてずっとラルクのライブに行きたいって思うの。メンバーが歳を取ってペースが落ちたとしてもずっとそれを見届けたい。
…なんてしおらしい事言ってるけどライブでのあたしの暴れっぷりを見たらいつそんなん思ってるん!?って言われそうや(笑)

ラストの曲叙情詩の時にミラーボールが回るんだけど、その光が森に反射してすごくきれいだった。
これから叙情詩聴くたびに思い出しそう(^ω^)

二日目も行きたかったんだけど、次の日検査日なんでやめておきました。二日目はダブルアンコールがあったらしい。うらやましい><
そして2007年~2008年アリーナツアーが発表になりました!!
詳細はまだわからないんだけど、年またぎなんでもしかしたらカウントダウンとかあるかも!でもさすがにカウントダウンに行くと離婚問題になりそう(笑)なんで諦めます。
アリーナツアーは関西来てくれるだろしすごく楽しみヾ(*´∀`*)ノ
ライブが終わるとすごい虚無感に襲われるんだけど今回はアリーナが待ってるから大丈夫!

ホールツアーも香川、広島2days、神戸、京都、帯広と参戦できてほんとよかった!こんな小さい所回るなんて思ってなかったんで幸せでした。メンバーすごくがんばってくれてるんで嬉しいけどハードスケジュールなんで体には気をつけていただきたい><
あと主婦なのにこんなにライブに行かせてくれる相方に感謝!!

クリックお願いします
EDIT  |  23:29  |  ラルク  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.27 (Mon)

富士急ハイランド

Image0601.jpg25日富士急ハイランドに行ってきました(*´∀`)と言っても一番の目的はラルクの野外ライブなんで、富士急名物の「ええじゃないか」や「FUJIYAMA]や「ドドンパ」や「戦慄迷宮(お化け屋敷)」には見向きもせず、ひたすらライブに向けて体力温存してました(^ω^)と言うか若い時に来てたら絶対フリーパス買って乗りまくってたと思うんだけど、歳を重ねるごとに絶叫系が怖くなってきてるんですよね!誰かに強く背中押されたら乗ってたかもしれないけど、友達もそんな感じだったんでやっぱり乗りませんでした。









で結局行ったのがガンダム クライシスのみ(笑)Image0651.jpgリーダーのてっちゃんはすごいガンダム好きだし、今度発売の新曲はガンダムの主題歌になるみたいだし。なんと言ってもあたし自身ガンダム世代だし(笑)とゆうことで行ったんだけど、めっちゃ並んでて2時間ぐらいかかってしまった( ̄ロ ̄lll)アトラクション自体はまぁまぁおもしろかったかな。でも混んでる時はこれ無理があります(笑)もし行く人いたらこれは空いてる時が狙い目ですよ!!


クリックお願いします

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  21:29  |  日常のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

十二人の怒れる男

4031245237.jpg裁判つながりでなんだけど、これすごく前に観た映画。
映画自体も古いんだけど、すごくおもしろい!
ただただずっと十二人の陪審員が討論してるんだけど、有罪と思ってた陪審員の心境の変化の仕方だとかが、すごくうまく描かれてて入り込めますよ。
日本でも陪審員制度が始まるんですよね。
もし自分が陪審員に選ばれたら、一人の人生を大きく左右することになる。。。
この映画を一人でも多くの人が観ていろいろ感じてもらえたらいいな。。。

クリックお願いします



テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

EDIT  |  20:31  |  映画  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

それでも僕はやっていない

2428205816.jpgレンタルで観たんだけどこれなかなか良かったです。
「Shall we ダンス?」から10年、周防監督の新作。
痴漢犯罪で捕まった冤罪者の話。
裁判ってこんな感じなんだとか、わからなかった事がすごくわかりやすく描かれてて何より理不尽さに腹立ちます!!
でもきっとそれがこの監督の狙いなんでしょう。
途中ダレたりする事なく飽きずに観れました。
できれば一人でも多くの人に観てほしい。
クリックお願いします


テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

EDIT  |  20:19  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

オーシャンズ13

21pcTcNo2BdL.jpgオーシャンズは相変わらずキャストは豪華なんだけど、ストーリー展開が毎回同じな感じで読めてしまうが残念…。もうちょっとストーリーひねるとかしてくれたらいいのにな。
クリックお願いします

テーマ : オーシャンズ13 - ジャンル : 映画

EDIT  |  19:39  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

ハリーポッター不死鳥の騎士団

002Poster008.jpgハリポタシリーズは本も映画もずっと観てきたんだけど今回はイマイチ盛り上がりに欠ける感じだったな。。。
相変わらず映像はすごいし、魔法省の女先生とかもおもしろかったんだけど…。本ではあの人の死やチョウのことなんかももう少し掘り下げてあったりしてもっとおもしろかったんだけどな。
2時間強で映像に収めるんだから仕方ないのかな。
何より出演者が成長しすぎな様な気がする。(笑)


クリックお願いします

テーマ : ハリーポッターと不死鳥の騎士団 - ジャンル : 映画

EDIT  |  19:33  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

子宮頚がんその後

術後3ヶ月ごとに細胞診をしてたんだけど、Ⅲから数値下がらず(p_;)最初の手術から約二年たった今年7月19日に前回と同じLEEP手術を受ける。その病理結果が微小浸潤癌と言われる。
前は0期だったんだけどそれが1期に上がったらしい。
今月末にもう一回検査をして今後円錐手術をして様子を診るのか、子宮を取るのか決めるらしい。
ここ2年ほどずっと覚悟してたことだから最初の時のようなショックはなかったけど、でもやっぱり実際子宮取るとなるとへこむな。。。
その後の排尿障害とかの後遺症も気になるし、子供を産む道が絶たれるのもやっぱり辛いな。
でも病気の再発、転移はもっと怖い思いもある。。。
相方と話し合った結果、残せるなら残したほうがいいってゆう結論は出たんだけどね。いざとなったらまた気持ち変わるかもしれないな~。
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  18:46  |  子宮頸がん  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

乳がんその後

術後順調に回復して4日後に退院する。
その後放射線照射をする。毎日通うのが大変なのと少し皮膚がかゆかったりしたけどそれ以外は特に問題もなく終わった。
今現在ホルモン治療中。
ゾラデックスとゆう皮下注射とノルバデックスとゆう錠剤を服用。
ゾラは2年、ノルバは5年と言われている。
定期健診では今のことろ異常なし!
このまま再発、転移なく過ごせたらいいな(^ω^)
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  18:24  |  乳がん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.20 (Mon)

2006年3月乳がん2

手術当日。うちの病院では手術室まで自分で歩いていく。ベットに寝たまま運ばれると思ってたからちょっと意外!!
手術室に入る前に相方と親に手を振って入る。
入ると何人もの看護師さんと先生が迎えてくれる。
長~い通路を歩いて一番奥にベットがありそこに横たわる。
テレビで見るような照明が上にあり、手をベルトにつながれる。
万が一落ちたりするのを防ぐためらしい。
あとは心電図をつけられたりして、点滴から麻酔が入る。
二重、三重に天井が見えて15秒?ぐらいで意識がなくなる。
「瞳さん、手術終わりましたよ」の声で目覚める。
まだ半分夢の中みたいな感じで次気付くと病室に戻っていた。
尿管がすごい気持ち悪かった(ノД`)
夕方尿管取れてしばらくしたら歩いてトイレ行く。
少し響くけど自分でトイレ行けるのがこんなに幸せだと思ったことはない!!(笑)看護師さんや他の患者さんがあまりに元気にしているので驚く(´Д`)
あんなに不安だったのに悪いところ取ったんだ!て気持ちで晴れ晴れヾ(*´∀`*)ノ
ほんとあたしって単純。。。
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:31  |  乳がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.20 (Mon)

2006年3月乳がん1

マンモグラフィ、CT検査を受け3/15に入院する。
流産の時は個室だったけど今回は4人部屋で先に2人入院されていた。
夕方隣のベットのIさんが話かけてくれる。
Iさんは同じ乳がんで全摘、再発、転移もしているのにすごく前向きであたしを励ましてくれた。Iさんのおかげですごく気持ちが楽になった。やっぱり同じ患者同士話をするのってすごく重要なことなんだと実感した。

入院一週間ほど前にすごく怖くなってきてその当時の日記には
「乳がんも子宮がんもなんてあたしの体は一体どうなってるんや…。
子宮は妊娠の可能性があるから残すと言う。とゆうことは本当は全部取ったほうがいいのか…。流産のこともあり妊娠にたいしても恐怖がある。もし妊娠して無事出産しても再発、転移などで育児がちゃんと出来るのか自信がない…。
あたしは何歳まで生きれるんだろう…。
乳がん治療で妊娠も難しいなら(ホルモン治療の間は妊娠不可)一層子宮取ったほうがいいんじゃないか…。
とにかく今はがん細胞が怖い。
今こうしてる間にも全身に回っているのではないか。
前向きになろうとしてもどうしても悪いことばかり考えてしまう。」
てとにかく病気に対してちゃんと受け入れて向き合えることが出来なかった。
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:11  |  乳がん  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.19 (Sun)

2006年3月繋留流産

繋留流産の手術を受けるために3/2入院する。
ラミナリアとゆう海草でできている棒状の物を子宮口に挿入する。
子宮口をひらけるためなんだけど、これがまた痛いの(ノД`)
入れた後も生理痛みたいな痛みがずっと続いていた…。

翌日10時ぐらいに腕に筋肉注射をする。
30分ぐらいたってから処置室に行く。
局所麻酔だったんだけど麻酔があまり効かなくて痛いのなんのって。。。 ウンウン唸ってたら何回か中断になって続行するの無理だと思ったみたいで、麻酔が追加される。
さすがにそれからはあんまり覚えていない。それなら最初からその麻酔してくれたらいいのに。。。
病室に帰って何回か呼ばれるうちに意識はっきりしてくる。
お昼ご飯食べれるぐらいに(笑)
先生の話聞いて退院。
クリックお願いします

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  23:44  |  繋留(けいりゅう)流産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.13 (Mon)

2006年2月乳腺外科

乳がんの確定検査、生検をする。
少し細胞を取ってしらべるらしい。
これは思ってたほど痛くなかった(´・ω・`)
先生も「良い結果を祈っています」って(ノД`)


一週間後、乳がん結果。
診察室に入ると「私も良い結果祈っていたんですが…」って。。。

やっぱり癌だった。。。


不安と恐怖と何であたしだけ…て思いが頭の中ぐるぐるして。
食生活も実家では肉より魚を食べてたし和食中心だったのに…
唯一若い頃に吸っていたたばこが心当たりあるけれど…
その頃はもうやめてたからなんでたばこなんて吸ってたんだろう…て後悔したり。
でも子宮も子供も乳がんもだなんて何であたしだけ…世の中不公平だ!って
自分を責めたり神(こんな時だけ)に怒ったりしてた(ノД`)
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  22:44  |  乳がん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.13 (Mon)

2006年2月婦人科

産婦人科検診に行くとそろそろ心拍が確認できるはずが出来ないって言われる(p_;)
いますぐ処置とも言えないけど一週間後にもう一度診てみましょうって。
乳がんのこともその時考えようって。
婦人科の先生は治療しながらでも出産できる方向で考えてくれてるみたい。



一週間後診てもらったけどやっぱり心拍は聞こえなくって育ってないって(p_;)
流産の一種で繋留(けいりゅう)流産って言うらしい。
子供が完全に流れたりしたわけでもないので手術で処置をするらしい。
悲しいね。。。
クリックお願いします

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  22:22  |  繋留(けいりゅう)流産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.13 (Mon)

2006年2月

乳がんのエコーの日。
エコー中先生がしこりのところを何回も何回も往復し、
両方エコー終わったところで先生が看護師さんに「○○持ってきて!」と指示をしていて
看護師さん入ってきたら手にめっちゃ大きい注射が(ノД`)
どうやら細胞診されるらしい。
細胞診ってことはやっぱり疑わしいってことだよね。。。
それにしてもすっごい痛かった(p_;)
妊娠中なんでレントゲンやCTでの検査はできないんだって。



一週間後結果聞きにいくと「ほぼでしょう」って。。。
この時あまりにショックな顔をしていたのかあたし一人で結果を聞きに行っていたので
あまり動揺させすぎたら…と思ったのか数値は具体的に聞いてないまま。
まぁⅤかⅣだろうな。
子宮からの転移とかではなく全く別の癌であるとゆうこと。

妊娠も諦めてもらったほうが…
こらから手術になると母子に影響でるかもしれないので産婦人科の先生と相談して下さいって。。。
癌ももちろんショックだったけど子供を諦めないと…てゆうのがすごいキツクて涙がとまらなかった。。。

クリックお願いします


テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  22:05  |  乳がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.13 (Mon)

2006年1月婦人科

子宮の細胞診結果が相変わらずⅢから下がっていないらしい(p_;)
今すぐ手術とかではないけど経過を慎重に診ていきましょうって…。


市販の妊娠検査薬で陽性反応が出たことを伝え、検査してもらう。
結果はやっぱり妊娠!
でも子宮内に出血があって安静にしていないと流産する可能性が高いらしい(ノД`)

子宮もまだ良くならないし、乳がんの結果もわからないし
手放しで喜べないな(´;ω;`)
クリックお願いします

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  21:43  |  繋留(けいりゅう)流産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.13 (Mon)

2006年1月検診

乳腺外科に行って検診をしてもらう。
「多分良性でしょう、念のためエコー撮るんで予約して帰ってください」と言われる。この病院はエコーは別の曜日に予約して来なければいけないのがちょっとめんどくさい
多分良性って言われたことに少し安心したけど子宮のときもそんな事言われたんで結果がでるまでは安心できないと思ってたな。


子宮の定期検診も同じ日に受ける。
生理予定日ぐらいの日なのにまだ生理がきてないからと
念のため奥までの検査はしない。
妊娠してる気は自分では全くしてなかったんで元々不順だしそれでだろうな~と思ってたんだけど
友達に言ったら一度市販のやつで検査してみたほうがいい!と強く勧められて、ならやってみるかな~。ってお気楽な感じでやってみたらなんと陽性反応!!
あれってあんなにすぐ反応でるんだね!
焦ることはないんだけどなんだか焦ってしまったよ。
相方に言ったら喜んでくれたし、あたしもお風呂でお腹なでたりしてこの時は幸せにひたっていたな。。。
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  13:23  |  乳がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.10 (Fri)

2006年1月しこり発見

その後無事10月に結婚式を挙げ子宮は経過観察となった。

年が明けてお正月真っ最中の1月2日。
寝返りをしたら胸に痛みがあり触ってみると
しこりが。。。
慌てて起きてゲーム中の相方に言って確認してもらうと「ほんまや…」て。
病院行きたくてもお正月で休みやし、不安でネットとかで調べまくった。
しこりがあってもほとんどの人は良性だとか痛みがあるのは癌じゃないとか書いてあるの見て
大丈夫なんかも…と思ったり。
いや、そう思いたかったんだと思う。
しこりも自分で触ってる分にはすごく大きく思えて癌だったらすごく進行してるのかも!
もしかして子宮の転移!?とか不安だったからきっと違うんだと思い込みたかったんだと思う。
一週間ほどしてしこりを触ってみたら心なしか小さくなってる気がして
相方に「きっと大丈夫なんやと思うわ~」って言ったら
「安心するためにも病院行ってくれ。行って何もなければそれでいいし
もし何かあっても早いほうがいいから」と言う言葉で病院に行く決心がついた。
子宮と同じ病院のほうが何かと便利と、乳腺外科の予約をした。

クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  19:46  |  乳がん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.07 (Tue)

2005年10月術後2週間ほど

術後二週間以上たったある日。
趣味の一つでもある半身浴をしながらの読書を堪能していた。
湯船から上がって体を洗ってると出血してるのがわかる。
最初はそんなに気にしてなくて
出血治まってきたけどまだ多少あるしそれでだろ~。
なんて。


しばらくしてるとドドドドッと血の塊が出た。
それも生理の時みたいなレバーな感じの濃い色じゃなく
鮮明な色で量が半端ない。。。
焦ったものの頭はまだシャンプーついたまんまだし
とりあえず洗い流さないと!!
と洗ってる間にももちろん流血してるし塊は出るしで…



なんとかお風呂から出て熟睡ガードをつけるもほんの10分もしないうにいっぱいになる。
その頃(今も!?)夜型のあたしは夜中(2時頃)にお風呂に入っていたため
とりあえず病院に電話して病院に行く段取りつけようとしたら
電話に出た看護師?が婦人科に詳しくないのか
「リープ!?手術!?
お腹は痛くないの!?
妊娠はしてないのね!?」
となんだか見当違いのことばっかり言ってくるし
声があきらかにだるそう。
家から車で30分ぐらいかかる距離にあるため救急車を出してもらえないか頼んだ時も
「車は!?家族の人は!?」
となんだか怒り口調。
あたしはペーパードライバーで車が運転できないし
母親も免許持ってないし、父親は高3の時に他界している。
食い下がるのも面倒くさくて自力で行くことを伝えて電話を切った。

相方に電話したらつれて行ってくれるとゆうので迎えにきてもらう。
道中ももちろん止まる事なく出てるし塊はドドドッだし
なんだかう○こもらしてるみたいな感覚でこんな時なのに相方に「う○こもらしてるみたい!」
て言って笑ってたな(*´∀`)
病院に着くころにはジーパンを通過して車のシートに載せたタオルに血がついてた。
迎えにきた看護師さんがあまりの流血ぶりにビックリしてたな。
電話の人かどうかはわからないけど皆もっと知識を身につけるべきだと思った。


内診台に上がって子宮内を縫うことに。この糸は自然に溶けてなくなるそうだ。
もちろん体には害がないらしい。
縫ってもらってる間に血の気が引いていくのがわかる。
体の感覚がおかしい。体の中が冷えていく感じ?
看護師さん慌てて血圧計ってたな。
先生は落ちついてたけど。患者を不安にさせないためかな?
処置終わってもあたしの顔が真っ青だったらしく相方はすごい心配してた。
あたしもあれは今でも軽くトラウマ。怖かったなぁ。

クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  01:32  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.07 (Tue)

2005年10月LEEP手術結果

一週間後、病理結果を聞きに行く。


結果は0期。


手術前は高度異型性だろうと言われていたけど
結果はもう癌になっていました。
この時はもう覚悟みたなものがあったからショックとかではなかったな。
このまま経過観察を続けていくらしい。

クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:42  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.06 (Mon)

2005年9月LEEP手術

LEEP手術は日帰りの簡単な手術なんで家族の方とかは特にいいですよ。
って言われてたんで一人で行った。
相方は仕事だし、母親はものすごい心配性なんで着いて来られたほうが疲れる気がして断った。



内診台に上がるとまずは拡大鏡で診ながら局所麻酔を打つ。
チクッて感じかな。それが2,3回。
そしていよいよ切除。LEEP手術ってレーザーメスでなんで焦げた匂いが漂う。
痛みは特になし。切除自体は早くて数分で終わったな。
後は止血のための処理。実際どんな処理がされてるのかはわからないけどこれが痛いの><
麻酔や手術なんかよりこれがすごい痛かった(´;ω;`)
痛がってるあたしを診て看護師さんはずっと足や手をさすってくれていた(^ω^)



しばらく待合室で休憩して30分後に出血状態を診られる。
問題なし!これで今日は帰れる。
今日はまっすぐ家に帰って安静にすること。
一週間はシャワーのみ、二週間は性交渉禁止、重いもの(米袋など)は持たないこと。
生理以上の出血があった時は深夜でも電話して病院来るよに言われて帰る。



相方が仕事終わって電話くれて会いたそうにしてたけど今日はそんな気力もない。
出歩くなって言われてるし…。
帰ってからずっと寝てたな。
クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  23:51  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.06 (Mon)

2005年9月

再検査をしなければいけないことを仕事場のおば様に言うと
「生理が終わるまでなんて呑気なこと言ってないで今すぐ大きい病院で診てもらい!」とお叱り(笑)
を受けてN県立病院に行くことにした。


そこで出会ったH先生がいまでもあたしの担当医。
聞くところによると評判がいいことで有名な先生らしい。
年配だけどすごく優しい先生。


これまでの経過を話してやはりここでももう一度細胞診する事になった。
一週間後に結果を聞くとやっぱりⅢcとゆうことでその日に組織診をする事になった。
この検査が爪きりみたいなので少しだけ肉片を取って調べるんだけどもぉ痛いのなんのって(;ω;)
しばらくしんどくて休憩させてもらったぐらい。
先生は子宮ってあんまり痛み感じないところって言ってたけどめっちゃ痛かったよ(´;ω;`)
先生は男だからなんとでも言えるよね…(ボソッ)


結果はまた一週間後で聞きに行くとここでも高度異型性だろうとの事。
より詳しい検査と治療を兼ねてLEEP手術と言われるものをしようって。


手術自体は20分程度で日帰りで出来るらしい。
日にちは9月29日。
ちょうど結婚式の一ヶ月前。
大丈夫か、あたし。。。
クリックお願いします


テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:57  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.05 (Sun)

2005年8月

仕事の休みと病院の休みが重なったりして、二週間ほど結果聞けずにいてたある日
病院から「結果聞きに来てください」と電話がかかってきた。


。。。どうしよう!?これって結果が悪いから電話かかってくるんだよね(´;ω;`)

 
良かったらそのままにしておけばいいんだもんね…。
そう思うと不安で仕方なくて事情を話して仕事の休みを取りすぐに病院に向かった。


病院に入る前気分落ち着かせるために相方に電話したけど
検査行くことも言ってなかったからビックリしてたな。


診察室に入ると先生の説明が始まった。
結果はⅢc。Ⅰ、Ⅱが正常値。Ⅳ、Ⅴがほぼ癌だろうと言われる数値。
Ⅲはそのままにしておいて正常になることも、癌になる可能性も両方あるらしい。
Ⅲの中でもa、b、cと分かれていてaが正常値に近いからあたしは極めて癌に近いみたい。。。



子宮頚がんには前がん状態と言われる異型性がありあたしは多分高度異型性だろうと言われた。


つまり癌の一歩手前らしい。


詳しいことはもう一回違う検査をしないとわからないらしいが
生理後の方が正確な結果が出ると言われ検査は先送りになった。


10月には相方と結婚することが決まっていたから、
婚約破棄しようかとも思ったりした。。。
だって子供産めないかもしれないし、もしかしたら人より命短いかもしれないし
相方のことを思うと申し訳なくて。
第一相方の親御さんが反対されるかもしれない。
すごく不安な気持ちで相方に言ったらそれでもいいって。
例え子供が出来たとしても瞳が一番で子供が二番。
子供がいてなくても楽しくやってる夫婦もいてるって。
あの時はほんと嬉しかったな。相方には今もすごく感謝してる。


クリックお願いします

テーマ :  - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:30  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2007.08.02 (Thu)

2005年7月

ある日トイレに行くとオリモノに血が混じっていた。



え。。。何これ。。。




生理予定日近くでもないし、中間生理って感じでもないし。
何よりこんな経験初めてだし、とっさにもしかして「子宮の病気…!?」って思って
そう思うと不安で仕方なくて仕事休みの日にレディスクリニックに向かった。


婦人科って抵抗はあったけど、もしかしたら病気かも…!
ってゆう不安の方があたしには耐えられずに行動してたな。


その病院は地元の個人経営レディスクリニックでわりと年配の先生だった。
ま、若い先生よりは抵抗ないかな~って思いながら細胞診検査をしてもらった。
先生はあたしを安心させるためなのか
「不正出血って体調崩れたり、ホルモンバランスが悪くなってもなるからあまり心配しないで」
て言ってくれたんで
あ!そうなんだ~。少し早とちりした!?でももう30になった事だし検査しといて良かったんだよね。
なんて思いながら帰りは少し足取りが軽くなってた。



結果は一週間後だけど、先生のその言葉を聞いていたせいかなんとなく安心してしまっていたな。

クリックお願いします


テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  00:10  |  子宮頸がん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。